カウアイ島レンタカーをおすすめする理由

1.レンタカー必須のカウアイ島
公共交通機関であるバスは主に通勤通学や島民の買い物用のため土日は運休していたり、大きなスーツケースなどの持ち込みは禁止されています。カウアイ島の移動手段は、レンタカーが大変便利です。

2.小さな島なので運転で疲れにくい
カウアイ島は東京都よりも小さく、北から南までを走ったとしても約2時間です。運転初心者でも走りやすいでしょう。スピードの出し過ぎ注意!

3.カーナビは必要ない

4.恐竜がいそうな豊な自然
道路のすぐ近くまで濃い緑の木々に囲まれていて、目の前の木々の隙間から今にもひょっこり恐竜が首をだすんじゃ?と思わせる雰囲気のカウアイ島。ジュラシック・パーク、キングコングやインディジョーンズなどの映画が撮影されたロケ地めぐりはいかがでしょうか?

▸▸ハワイレンタカーご利用条件|契約に必須な持ち物5を読む▸▸


カウアイ島の空の玄関口であり、唯一定期便が就航しているリフエ空港に到着すると「Welcome to Kauai, The Garden Island」の木製の看板が迎えてくれます。
カウアイ島にはヤシの木より高い建物を建ててはいけないという条例があるためターミナルビルもリゾート感たっぷりの低層建築。
預けた荷物を受け取り、道路を渡ったところにあるレンタカー会社カウンターへ。

 


リフエ空港レンタカー営業所アクセス方法

カウアイ島の空の玄関口であり、唯一定期便が就航しているリフエ空港に到着すると「Welcome to Kauai, The Garden Island」の木製の看板が迎えてくれます。カウアイ島にはヤシの木より高い建物を建ててはいけないという条例があるためターミナルビルもリゾート感たっぷりの低層建築。
預けた荷物を受け取り、道路を渡ったところにあるレンタカー会社カウンターへ。
バゲージクレームを出て向かいのレンタカーブースのある建物へ。そこからシャトルバスで各営業所へ行き契約します。お時間には余裕をお持ちください。

 

◆アラモAlamo|エイビスAVIS|バジェットBudget|ダラーDollar|エンタープライズEnterprize|ハーツHertz|ナショナルNational◆

カウアイ島リフエ空港レンタカー|アドバンテージ エイビス バジェット ハーツ ナショナル

ハワイレンタカートップ >


 

レンタカーをかりたら行きたい観光地おすすめ4

リフエ空港でレンタカーをピックアップしたら・・・

1.ワイメア渓谷:カウアイ島西部のワイメアの街から北へ向かう550号線は別名「太平洋のグランドキャニオン」と呼ばれるワイメア渓谷へ続きます。
展望台まではレンタカーでアクセス可能です。ホテルを出発したら、必ずガソリンを満タンに、飲み物も用意してから向かいましょう。

2.ハナレイ:リフエ空港からレンタカーで約1時間。街の桟橋は映画「南太平洋」のロケ地。ハナレイ湾のまばゆいサンセットに癒されます。

3.ポイプビーチ:リフエ空港から南下。岸には2001年に全米No.1ビーチに選ばれたハワイを代表するポイプビーチがあります。絶滅危惧種のハワイアン・モンクシールやウミガメの姿を見かけることも出来ます。遭遇しても彼らに触れてはいけませんので、優しく見守ってくださいね。

4.ナパリコースト:カウアイ島の北西部には27kmにも及ぶ断崖絶壁ナ・パリ・コーストの海岸線が広がります。ここへはレンタカーではなく、徒歩で約17キロのトレッキングか、人気のヘリコプターツアーやボートツアーでお越しください。
ナパリコースト
©ハワイ州観光局

 

ハワイレンタカートップ >