熊野古道 那智の滝 和歌山

{{widget:maps-KIX--5}}

和歌山は北を大阪、南を太平洋に接した南北に長い県です。関西国際空港からは車で約一時間とアクセスも良好です。

歴史のある和歌山には聖地と呼ばれる場所があります。一つは世界遺産として登録された紀伊山地の霊場と参詣道。熊野古道を歩くならまずは発心門王子からスタートし熊野三山の一つ、熊野本宮大社をめざしてみては?約3時間のウォーキングコースです。ここには日本サッカーの守り神としても有名な八咫烏が祭られており、黒い八咫烏ポストが設置されています。自筆ではがきを出せるので送ってみてはいかがでしょう?

熊野古道


車があるならさらに一時間程度、那智まで足を延ばしてみましょう。那智の滝は日本一の高さと水量を誇り、滝自身がご神体となっている世界遺産です。

ここ和歌山には入れる世界遺産のつぼ湯があります。湯の峰温泉のこのつぼ湯は、天然岩のお風呂を板で囲っただけ。2~3人が入るといっぱいになる大きさです。一日に何度か色を変えると言われ、「七色の湯」と呼ばれている不思議な温泉です。ぜひ入ってみてください!

本州最南端の串本の、名勝千畳敷、三段壁、円月島、白浜エリアには7頭のパンダのいるアドベンチャーワールド、北上すれば徳川御三家の城下町和歌山城も見逃せません。世界遺産・高野山の宿坊体験は海外からの旅行者にも大変人気です。

和歌山の観光にレンティングカーズをご予約下さい!

 

X

レンティングカーズサイトは、より良いサービス提供のためにCookieを使用しています。許可する場合はこのままご利用ください。許可しない場合、ブラウザの設定でCookieを無効にする必要があります。お使いのブラウザ環境にあわせて設定してください。