schoolbus

ハワイやアメリカと日本 似てる?違う?
クイズその1
交通ルール編

Jun 8, 2016 12:43:08 AM

海外でレンタカーとなると、みなさん「不安だ」、「心配だ」というのが交通ルールや言語の違いですね。そんな不安を、〇×クイズに答えながら一気に解消しましょう!




Q1.車輌は右側通行だ。






A1. 〇 正解

まず戸惑うのがこの右側走行。右左折時につい逆走してしまわないように気を付けてください。ちなみに、世界の35%が日本と同じ左側通行だそうです。少数派なのですね!


Q2. 

このページ上の写真を見てくださいアメリカのスクールバスです。サイドミラーの位置からストップサインが出ています。

こんな風にスクールバスが止まっているのを見たら、子供たちに注意を払いながら最徐行する。






A2. × 間違い

黄色いスクールバスを見たら要注意です。生徒・児童の乗り降りのために停車する場合、赤い派手なランプが点滅するとともに、車のサイドに折りたたんである「STOP」の標識が展開されます。この間は安全確保のため、スクールバスの追い越しは禁止。それだけでなく、対向車もバスの手前で停止しなければなりません。


Q3. 踏み切りがありました。一時停止して徐行する。






A3.× 間違い

踏み切りは、「止まらないで徐行」。ただし、スクールバス、バス、危険物搭載車は一旦停車するので、バスなどの後方を走行中は停車することになります。


Q4.ハワイの「クロスウォーク(横断歩道)法」。これは、運転者は、「歩道内の歩行者が自分の運転する側の車線を横断している間は完全停止しなければならない」という法律だ。




A4. 〇正解
一車線道路なら自分の目の前を通過して、歩行者が反対車線側に入れば走行可。これはわかりやすいですが、片側3車線、4車線以上の大通りの場合は特にお気を付け下さい。

例えば片道3車線の道路を走行中、車の進行方向から見て右側から左側へ横断歩道を渡ろうとしている歩行者を見つけたら一時停止。歩行者が自分の目の前を通過したからといってただちに発進してはいけません。歩行者が3車線分渡り終わり、反対側車線に入ってからでないと車を発進できないのです。罰金:運転者$92

クロスウォーク法は、歩行者にも適用されます。車道を突っ切って途中から横断歩道に入る、または横断歩道の途中から斜めに歩くのは法律違反です。罰金:歩行者$70。


Q5. 走行中、緊急車輌がサイレンを鳴らしながら後方から近づいてきたので、車を右側に寄せて徐行した。




A5. × 間違い

右に寄せて必ず一旦停止すること。交差点でなくても、一旦停止しないといけません。


クイズその1交通ルール編いかがでしたか?

次回のクイズもお楽しみに!   

クイズその2標識編①にチャレンジQuiz2
クイズその3基本編にチャレンジQuiz3
クイズその4法律編にチャレンジQuiz4
クイズその5標識編②にチャレンジQuiz5
クイズその6交通ルール編②にチャレンジQuiz6