Logo Rentingcarz

国内レンタカー保険・補償ガイド|プランの保険・補償を確認しておこう

他の営業所に返却
貸出日
2024-06-17
時刻
正午
返却日
2024-06-23
時刻
正午
割引コード入力 またはロイヤルティプログラム
国内レンタカー保険・補償ガイド|プランの保険・補償を確認しておこう

国内レンタカー保険・補償ガイド
保険加入をおすすめする理由

{{blogInfo}}

レンタカー契約で最も重要なのが保険・補償の内容です。

レンタカーの契約では、「契約者=運転者が責任を有する」という規定があり、これは契約期間中のレンタカーの管理は契約者に責任があり、万が一の事故、破損、盗難、紛失の際にはもちろん契約者に賠償責任がある、というものです。

万が一の負担を軽減/払拭するためにあるのが、レンタカー会社の保険・補償です。

言葉の通じる国内だと、ついつい油断して保険に入らない・・・なんてことがないようにここではレンティングカーズの国内お手軽プランに含まれている保険・補償をまとめました。

 

目次 スタッフ体験談や裏話付き!
1.レンティングカーズ国内お手軽プランまるわかり!保険の種類、名称、補償内容
2.その他の任意保険やオプション
3.結論「保険はフル加入一択」


 

1.レンティングカーズ国内お手軽プラン 保険の種類と補償内容

含まれるもの〇 含まれないもの ×(現地契約可)

保険・補償対象  保険・補償名称(会社により異ります) お手軽プラン  対人・対物 対人補償 〇  他人を死傷させたとき
1名につき無制限(自賠責保険3,000万円を含む) 対物補償 〇  他人の車や物に損害を与えたとき
1事故につき無制限(免責額5万円) 自分の車両 車輛補償 〇  レンタカーに損害を与えたとき
1事故につき車輛時価額まで(免責額5万円*マイクロバス・普通貨物者、特殊車両は10万円) 契約者や
同乗者
人身傷害補償 〇  運転者や同乗者が死傷したとき
1名につき3,000万円まで オプション 免責補償制度 × 対物免責額5万円と車輛補償免責額5万または10万の免除 安心補償制度 ×  NOC(ノンオペレーションチャージ)やタイヤパンク等の補償

 

 保険と一口に言っても、

■自分の車に適用されるもの - 車輛補償

■相手の車や物損に適用されるもの - 対物補償

■相手が怪我をした場合のもの -対人補償

■自分や同乗者が怪我をした場合のもの -人身傷害補償

があります。どんな場合に適用されるのかを知りましょう。

 

 

 

対人 - 他人を死傷させた場合

 ◆対人補償

レンタカー契約時に加入されており、名前の通り対人に補償され相手側が死傷した場合が対象です。ご自分や同乗者の怪我には補償されません。 国内では、対人1名につき無制限で、これには自賠責保険3,000万円の補償を含みます

 

 

 

対物 - 他人の車や物に損害を与えた場合

 

◆対物補償

レンタカー契約時に加入されており、対物に補償されます。他人の車や物が対象です。ご自分のレンタカーやご自分や同乗者の物損は補償されません。 国内では、1事故につき無制限です。ただし、免責額5万円までは契約者の負担となります。 免責額をゼロにする保険はオプション契約可能です。

 

 

 

車輛- 自分の車に損害を与えた場合

 

◆車輛補償

レンタル中にレンタカーを破損した場合、通常は契約者が破損修復に必要な全ての経費を支払う義務を負いますが、これを免除する制度です。

「盗難」または「損害」による損害を、レンタカー会社が契約者に代わって補償してくれます。これは保険ではなく、修理費用負担が減額されるという意味です。

免責額までは契約者の負担となり、自己負担額は5万円、またはバス・大型貨物車は10万円です。 免責額をゼロにする保険はオプション契約可能です。

 

 

人身傷害- 自分や同乗者が死傷した場合

 

◆人身傷害補償

運転中の自動車事故による、契約者と同乗者の死傷を補償します。運転者を含めた事故時に乗っていた全員が対象です。

運転者の過失割合に関わらず補償されますが、損害額は保険約款基準によります。1名につき3,000万円までの補償です。

 

 

 

<ご注意>以下は補償対象外です。

・上記補償額を超える損害

・警察に事故の届出をしなかった場合

・契約違反時:無免許、酒気帯び、契約者以外の運転時、又貸し、交通違反時、無断延長、無謀運転時など

・管理に落ち度があった場合:鍵を車内に放置、無施錠、駐車違反、車内汚損、装備品紛失、喫煙、給油間違いなど

・レッカー代、パンクなどでのタイヤ破損、ホイールキャップ紛失、故意など *オプション契約可能

・ノンオペレーションチャージ(NOC):事故・盗難・故障・汚損等で車輛利用が出来ない期間の営業補償(自走して返却した場合2万円/自走できず返却できない場合5万円)*オプション契約可

 

 

お手軽プランの保険は手厚いものではありますが、それでも事故などが起こった場合、12万~20万円の免責額を支払う責任が伴います。

でも心配ご無用!!そんな心配をなくすためのオプション補償があります。

 

 

2.オプション

定められた免責額、対物補償免責額’5万円、車輛補償の免責額5万円または10万円、事故などでレンタカー利用が出来なくなった場合の休業中の営業補償(NOC:ノンオペレーションチャージ 2万円または5万円)は、万が一の際契約者に支払う責任がかかります。

これらの負担をなくすためオプションがあり、契約時に加入可能です。

名称や取扱いの有無はレンタカー会社により異なります。

 保険・補償対象  保険・補償名称(会社により異ります)  

対物補償と車輛補償の免責額をカバー

免責補償制度

対物補償の免責額5万円、および、車輛補償の免責額5万円/10万円を、ゼロ円!にするオプションです。

加入料金はレンタカー会社、車輛クラスにより異なります。例:1,100~2,200円/日

NOCノンオペレーションチャージや、タイヤのパンクやホイールキャップの紛失・損傷、レッカー代をカバー

安心補償/安心コース

【NOCノンオペレーションチャージ】
万が一、事故、盗難、故障、汚損などでレンタカーの利用が出来なくなった場合、期間中の営業補償を契約者が負担する必要があります。免責補償制度に加入していてもカバーされません。自走して返却の場合2万円、自走できず返却出来ない場合5万円がかかります。

【タイヤトラブル、バッテリーあがり、鍵閉じ込め、ガス欠、レッカー代】

パンク時のタイヤ代やホイールキャップ紛失時のホイールキャップ代、修理代やレッカー代は契約者負担となります。

 

この補償/コースに加入することで、NOCノンオペレーションチャージ費用やタイヤトラブル時の修理代や交換代が無料となります。

 

 

 

 

3.結論「保険はフル加入一択」

 

国内レンタカーだと、なぜかオプション補償に加入するべきかどうか悩む方は多いのではないでしょうか?

お手軽プランは手厚く補償が含まれていますが、それでもオプションに加入していない場合免責額分の契約者負担があります。

「今まで事故ったことがないし」「ちょっと乗るだけだから」と油断したために、12万円-20万円を負担することになります。大きな事故の時はもちろんですが、ちょっとドアをこすってしまった場合でも、契約時に気づかなかった車輛傷がみつかった場合でも、オプション補償にはいっていれば安心ですよ!

レンティングカーズスタッフも、海外レンタカー利用時はもちろん、国内レンタカー利用時も保険は全部加入する一択です。契約カウンターでオプション加入について説明を受けますが、楽しい旅行時に不安を感じながら運転したり、駐車場にとめておくなんて絶対嫌なので加入するかどうか悩んだことはありません。

思い出は楽しいものに!

 

 

最安値レンタカーを一括比較、検索する>


ハワイに関する記事をもっと読む

<日本出発前>

これで安心!ハワイでレンタカーを契約するときの必須持ち物リスト5!|利用条件を知ろう

ハワイレンタカー攻略10か条|ハワイに行くならこれだけは読んでください

ワイキキ宿泊なら必見!市内営業所のレンタカー最安値検索方法教えます|滞在ホテル名やランドマークからさがせる

ワイキキでお得にレンタカーを利用する方法教えます

ハワイ アメリカ 海外レンタカーで「持ってて良かった!」おすすめ便利な持ち物グッズ7選

知らなかったではすまないハワイの交通法律・生活の法律・意外すぎる法律・エチケット /マナー

 

<現地到着後>

ホノルル空港のレンタカーセンター(Car Rental Center)へのアクセス方法|所要時間|バス?などの疑問を解決!|アドバンテージ、エイビス、バジェット、ハーツ、ナショナルレンタカー

無料シャトルバスで行く!ホノルル空港至近営業所へのアクセス方法|アラモ、エンタープライズ、ダラー、スリフティレンタカー

アラモレンタカー|ワイキキ営業所アクセス方法

エイビスレンタカー|ワイキキ営業所アクセス方法

バジェットレンタカー|ワイキキ営業所アクセス方法

ダラーレンタカー|ワイキキ営業所アクセス方法

ハーツレンタカー|ワイキキ営業所アクセス方法

ナショナルレンタカー|ワイキキ営業所アクセス方法

エンタープライズレンタカー|ワイキキ営業所アクセス方法

コナ空港レンタカー営業所アクセス方法

ヒロ空港レンタカー営業所アクセス方法

手荷物の盗難には気をつけて|ハワイやアメリカ 海外レンタカーを楽しむために

ハワイ アメリカのガソリンスタンドでガソリンを入れてみよう!|ハワイ アメリカ 海外レンタカーのヒント

  

最安値でレンタカーを予約する

あなたに最適な情報を提供するために、このサイトではクッキー情報を利用しています。クッキーの利用に同意下さい。 もっと詳しく知る。
同意する