オーストラリアレンタカーご利用条件

(1)年齢制限

21歳以上であること。
※25歳未満の契約者(運転者)にはヤングドライバー料金が別途かかります。

 

(2) 日本の運転免許証

有効な日本の運転免許証をお持ちであること。
※契約者(運転者)及び追加運転者の方とも必要です。

 

(3) 国際運転免許

有効な国際免許証をお持ちであること。
※契約者(運転者)及び追加運転者の方とも必要です。
◆国際免許証取ってみた体験談を読む >

 

(4)クレジットカード

海外で使用可能な、契約者(運転者)ご本人名義のクレジットカードを所持していること。
※追加運転者の方もご本人名義のクレジットカードが必要です。JCBカードは一部営業所ではお取扱い不可。

 

 

オーストラリアの主な交通ルール

1.左側通行
日本と同じで安心ですね。

2.シートベルト
運転手、同乗者全員着用義務があります。


3.チャイルドシート|ブースターシート
0-4歳未満はチャイルドシート、4-7歳以下はブースターシートの着用義務があります。身長が145cm以上のお子様は大人用のシートベルト着用でも許可されます。

4.携帯電話
運転中の携帯電話の使用、電話、Eメール、ゲーム、インターネットすべては禁止されています。

 


 

オーストラリアレンタカーおすすめ理由

 

1.左側走行
日本と同じ左側通行のオーストラリア。普段日本で運転しているなら比較的慣れやすいでしょう。

2.広大なオーストラリアの移動手段
空港でレンタカーを借りたらそのまま目的地やホテルへ移動が安全で便利です。


3.中長期旅行の荷物移動に
オーストラリアへは中長期が多いので、荷物も多くなるはず。そんな荷物もレンタカーならポンポン積んで出発!

4.フリーウエイ
広大なオーストラリアの高速道路はほとんどが無料です。Motorwayと呼ばれる有料道路もありますがとても安い料金で通行可能です。

 

世界自然遺産や国立公園が目白押しのオーストラリア。
観光ツアーで駆け足に見学するのではなくじっくりと見学や観察をしたいのならレンタカーを利用するのが最も賢い選択です。
日本と同じ右ハンドルで左側通行、スピード表示もマイルではなくキロメートル表示。しかも各レンタカー会社が取扱う車種も日本車が多いので違和感無くスタート出来ます。

但し、そこは日本とは違う海外の地、オーストラリアの「ラウンドアバウト」のは信号機のない交差点です。「右側から来ている車が優先」ということを忘れないようにしましょう。

郊外の一般道では制限時速100キロ、市内でも制限時速60~80キロなど、日本に比べるとハイスピードドライブになる一方、道路環境により制限速度がめまぐるしく変わる為、スピード違反には十分注意が必要です。
事前にしっかりと交通事情やルールを予習しておきましょう。

カンガルーに代表されるオーストラリア特有の動物にも注意が必要。オーストラリアを走っていると本当に沢山の種類の「動物注意」の標識を見つけることができます。夜間走行中にカンガルーと衝突事故なんてことも実際めずらしく無いのです。
今は違法になりましたが、かつて日本でも大型SUVにオプションで付けていた大きなフロントガード、あれ「カンガルーバンパー」って呼ばれていました。 まさに野生動物との衝突から車を守る装備だったわけです。


オーストラリアの主な空港営業所

シドニー

オーストラリアで最も利用者の多いシドニー空港。日本から直行便が飛びアクセスがいい。空港から市内までもレンタカーで約20分!

 

主な空港

シドニー空港レンタカー

ケアンズ

2つの世界遺産グレートバリアリーフとウエットトロピックスがあるのがケアンズ。レンタカーで移動しましょう。コアラをだっこしたい方も抱っこOKのクイーンズランド州ケアンズへ。

 

主な空港

ケアンズ空港レンタカー

ゴールドコースト

直行便があるゴールドコーストは近代的な高層ビルが立ち並ぶ都市です。絶叫必須のフリーフォールがあるドリームワールドや、乗り物が苦手な方はシーワールドもあります。

 

主な空港

ゴールドコースト空港レンタカー

 

メルボルン

オーストラリアで二番目に人口が多いメルボルンですが、「世界で最も住みやすい街」に選ばれるほどのんびりした雰囲気が残るメルボルン。

 

主な空港

メルボルン空港レンタカー

 

 

 

 

 

X

私たちは、よりよいサービスを提供するためにクッキーを使用しています。 それを受け入れるならば、ブラウジングを続けてください。 そうでない場合は、ブラウザのCookie設定を変更するだけです。