ドイツレンタカー

 
{{widget:maps-Berlin--2}}
 

ドイツレンタカーご利用条件

(1)年齢制限

25歳以上であること。免許取得後1年以上であること。
※25歳未満の契約者(運転者)にはヤングドライバー料金を支払うことで契約可能な場合がありますが、免許取得後2年以上であること。

 

(2) 日本の運転免許証

有効な日本の運転免許証をお持ちであること。
※契約者(運転者)及び追加運転者の方とも必要です。(6ヶ月以内の滞在の場合)

 

(3) 国際運転免許

有効な国際免許証をお持ちであること。
※契約者(運転者)及び追加運転者の方とも必要です。(6ヶ月以内の滞在の場合)◆国際免許証取ってみた体験談をよむ◆

 

(4)クレジットカード

海外で使用可能な、契約者(運転者)ご本人名義のクレジットカードを所持していること。
※追加運転者の方もご本人名義のクレジットカードが必要です。JCBカードは一部営業所ではお取扱い不可。

(5)パスポート

契約者(運転者)のパスポート提示を求められる場合があります。
※追加運転者の方もご用意ください。

◆ドイツ大使館サイト:運転免許証について https://japan.diplo.de/ja-ja/service/-/1212270 を読む

 


 

 

ドイツ連邦共和国(ドイツ)はヨーロッパ中西部に位置し16州で構成されておりデンマーク、ポーランド、オーストリア、フランス等と国境を接しています。

主な観光拠点は首都で最大都市でもあるベルリン、中部のフランクフルト、南部のミュンヘンと大きく3つに分けることができますがレンタカーを利用した旅なら「ロマンチック街道」を堪能していただきたい!

 

「ロマンチック街道」はマイン河畔の古都ヴュルツブルクからアルプス山麓の森と湖に囲まれた美しい町フュッセンまでの約370kmの観光街道でハイライトは白亜の城「ノイシュバンシュタイン城」と「ホーエンシュバンガウ城」そして「ヴィーナス教会」です。
この3つの観光スポットはミュンヘンからも近いのでミュンヘンを起点にショートトリップもお勧めです。

 

首都であり最大都市でもあるベルリンはドイツの北部に位置し主な観光スポットは「ブランデンブルク門」「ベルリン大聖堂」や「ベルガモン博物館」ですが「ベルリン壁の跡」も訪れたいスポットです。

最後にドイツと言えば「アウトバーン」を走ってみたいと思うツーリストも多いはずです。 ベルリンフランクフルト~ニュルンベルク~リヒテンシュタイン~ミュンヘンの全行程1,500キロのどこか一部でも折角レンタカーを借りたのですから走ってみませんか。

レンティングカーズではドイツの大手レンタカー会社である「SIXTレンタカー」の料金も簡単に検索できます。ドイツの会社ならではのフォルクスワーゲン、BMWやメルセデスベンツなどのドイツ車やミニなどの英国車、シボレーやフォードなどの米国車など豊富な車種からお選び下さい。


 

フランクフルト国際空港>

ミュンヘン国際空港>

ベルリン空港>

ヨーロッパレンタカートップにもどる>

 


 

ドイツの主な交通ルール

1.右側走行
日本と逆です。右左折時は特にお気を付けください。

2.シートベルト
運転手、同乗者全員着用義務があります。


3.チャイルドシート|ブースターシート
150センチ以下または12歳未満のお子様は着用義務があります。

4.右側優先
要注意!信号がなく優先道路が明記されていない交差点では、右側の車が絶対的に優先です!

5.踏切
一時停止してはいけません。もし列車が通過している場合は、エンジン停止をしなければいけません。


 

 

X

レンティングカーズサイトは、より良いサービス提供のためにCookieを使用しています。許可する場合はこのままご利用ください。許可しない場合、ブラウザの設定でCookieを無効にする必要があります。お使いのブラウザ環境にあわせて設定してください。